So-net無料ブログ作成
検索選択

小学4年生首吊り状態で死亡か?東京で両手足縛られ衣服は身に着けず  [速報]

10/26 午後8時ごろ、小学4年生(10歳)ぐらいの男の子が首をつった状態で死亡しているのを警察官が見つけた。

場所は東京都日野市三沢4丁目「高幡山」。

東京都の日野警察署の発表では、

この日午前に自宅を出た市内の小学4年生の男児(10歳)行方不明となっており、家族の届けを受けた署が捜索していた。

署は、亡くなったのはこの小学4年生の男児とみて身元を確認しているという。

スポンサードリンク








また、発表によると、遺体は山の斜面で衣服を身につけず、両手足を縛られた状態で見つかった。

ジーンズジャンパーが近くにあったという。

この日午後6時半ごろ、

男児の母親から「午前11時ごろに自宅を出た息子が帰ってこない」と110番通報があり、

署員らが捜索にあたっていた。

東京で行方不明となった人を探すのは大変なことですが、

結果的に幼い子供の命が失われてしまったので、

どうしてももう少し早ければと思ってしまいますね。



スポンサードリンク








警察は事件と自殺の両面で調べると発表しているが、どう考えても自殺ではないでしょう。

両手足を縛られて自殺の可能性を考えるほうが難しいように思いますが。

そしてジーンズを脱いで自殺する理由はないと思います。

まだ詳細な情報は出ていませんが、衣服を身に着けておらずとの表現なので、下着は着用していたのではないかと思われます。


そして一刻も早く犯人逮捕につながることを願います。


スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。